NGT48

NGT48

NGT48(エヌジーティー フォーティーエイト)は、秋元康のプロデュースにより、2015年に誕生した新潟市を拠点とする日本の女性アイドルグループ。AKB48グループを構成するグループのひとつである。
NGT48
<概要>
AKB48を含めて日本国内外にあるAKB48の姉妹グループ(AKB48グループ)の7組目(日本国内5組目)として2015年に結成され、同年8月21日に新潟市歴史博物館(みなとぴあ)でお披露目された。新潟市中央区万代にある『ラブラ2』4階に、専用劇場『NGT48劇場』が2016年1月10日にオープンした。2017年4月12日に、ソニー・ミュージックレーベルズのアリオラジャパンレーベルよりシングル「青春時計」でメジャーデビューし、Billboard JAPANの「Hot 100」および「Top Singles Sales」の各チャート、オリコン週間チャートなどで第1位を獲得している。
グループ名の「NGT」は、劇場所在地である新潟市および新潟県の「新潟」(NIIGATA)に由来する。
世間では札幌や沖縄に新グループが誕生するのではないかとの噂があり、プロデューサーである秋元康すら最初にスタッフから新潟の新グループ発足について聞いたときには驚いたという。関係者によれば、新潟にAKB48グループの誘致を働きかけたのは、NGT48劇場が入居するラブラ2を運営する三井不動産と地元のバス事業者である新潟交通だという。物販だけでは地域活性化に限界があり、「体験型」活性化策が必要だとして若者や30 – 40代の客層が見込め、新潟への経済効果が期待できるNGT48劇場の誘致が進められたという。背景には秋元康の「日本海側にもAKB48グループを」という思惑もあった。
グループ立ち上げ時のメンバー26名の平均年齢は16.7歳と、姉妹グループと比較して若干高かった。
他の姉妹グループと同様に、グループ名から1文字ずつ取ったチーム制を導入しており、2017年11月時点で「チームNIII」の1チームとチームに所属していない研究生により構成されている。メンバーは2017年11月時点で、チームNIII 16名、研究生 8名の計24名で、そのうち1名がAKB48との兼任である。
グループのロゴマークは、県鳥の朱鷺をイメージしており、   白の背景に   赤の「NGT48」の文字と背景の右と下に赤いエッジを配したものが使用されている。今村によると、新潟を訪れた際に見た新幹線に描かれていた朱鷺の印象からこのカラーに決定した。白は新潟の米や雪景色、赤は情熱もイメージしている。
<特徴>
NGT48はAKB48結成から10年目、日本国内ではHKT48以来4年ぶりとなる新しいAKB48グループの発足とあり、AKB48グループのノウハウを最初から取り入れた。これまでのAKB48グループはオーディションで選出された1期生のみで活動を開始してきたが、最初からグループでの経験が豊富な北原と柏木を所属させることで、メンバー視点でのゼロからのグループづくりに力が入れられた。
<地域性>
NGT48は「地域密着・地元貢献」をテーマに掲げており、新潟県のイベントに積極的に参加したり、地元企業とのタイアップや、地元メディアでの露出などを活発に行っている。例として新潟市の移住促進動画や県産米のPR活動、地元企業とコラボしたメンバー考案商品の発売が挙げられ、こういった活動を通して地域活性化に積極的に参画している。結成から1年たたずに県や新潟市、地元大手企業等が相次ぎNGT48を広告に起用しており、上武大学教授の田中秀臣は「グループが拠点とする他の都市と比べても、新潟ほどAKBグループに力を注いでいる地域はない。異例だ」と指摘し、このような背景には「人口減が進む中で、地元の活性化につながるという期待感の表れだ」と分析した。これまでの姉妹グループと異なり、(大都市圏ではない)地方都市を拠点としているNGT48は「地方創生」の点に重きが置かれ、同じく地方都市を拠点とする姉妹グループ・STU48にも同様の効果が期待されているという。
NGT48は結成からデビューまでの期間が1年8か月で、AKB48グループの中で最も長い時間を要した[24]。そこには従来のAKB48グループとは異なる課題があった。最大の障壁となったのは「人口」で、NGT48の活動拠点である新潟市の人口は約80万人で、AKB48グループが人口100万人未満の都市に設立されたのは初めてであった。そのため、どれだけの基礎票を獲得できるのかが未知数であったという。新潟は芸能活動を行うための環境も整備されておらず、地域的に芸能学校もないため、劇場支配人・今村悦朗は劇場開設の準備をするかたわらで、特に新潟県外出身メンバーを受け入れてくれる学校を探すところから始めたという。このような課題の中で打ち出されたのが「地元密着」という方針だった。現地企業や行政などと、他の姉妹グループ以上に地域との濃い関係性を築き、新潟全体を応援団にしようと考え、今村は「AKB48グループとは何か、自分たちが協力することで何ができるかを関係各所へゼロから説明して歩いた」といい、結果的には50の企業や団体がNGT48への協力に声を上げた。さらには、スタッフも地元出身者で固めたという。
秋元康は、姉妹グループの増加によりグループの1期生に人気が集まるという傾向が表立ったため、NGT48には新しいタイプの応募者が多く現れ、全国から応募者が集まると予想していて、実際に新潟県外からの応募が7割を超え、結果的にメンバーとなった新潟県出身者は半数以下の12名で、地元出身者の比率は低かった。なお、新潟県出身のメンバーは“自分が住む町の出身メンバーに共感を抱かせる”という目的で、出身市町村名まで公表している。第1期生オーディションの選考においては東北や北陸など意識的に東日本の出身者を中心に構成しており、今村によれば「『東日本』のグループとして幅広い地域から共感を得ることを期待している」。
<AKB48や他の姉妹グループとの比較>
他の姉妹グループは、各劇場が所在する地域名がグループ名の由来になっているが、NGT48は県名・市名が由来となっている。
当初より「AKB48 Now on Google+」のプロジェクトに参加していない。

(Visited 27 times, 1 visits today)