NMB48

NMB48

NMB48(エヌエムビー フォーティーエイト)は、日本の女性アイドルグループ。秋元康のプロデュースにより、2010年10月に誕生した。大阪市・難波にある専用劇場「NMB48劇場」を拠点とし近畿地方を中心に活動している。AKB48グループを構成するグループのひとつである。
NMB48
<概要>
AKB48の全国展開の一環で、名古屋のSKE48に続く第2弾として大阪市が選ばれ、2010年10月9日の東京・葛西臨海公園での野外ライブ『Visit Zooキャンペーン応援プロジェクト AKB48 東京秋祭り supported by NTTぷらら』において初めてお披露目され、発足した。これにより、秋元康プロデュースによる「48プロジェクト」(「AKB48グループ」とも)ユニットが日本三大都市圏に出揃った。
グループ名の「NMB」の由来は、劇場の所在地である中央区と浪速区に跨る大阪の二大繁華街の一つ、ミナミにある「難波(なんば)」(NAMBA)からで、「難波48」とも称される。
活動方針に関してはAKB48や他の姉妹グループと共通する部分がある。また、SKE48やHKT48と同様に、メンバーがAKB48名義のシングルの歌唱メンバー(選抜メンバー)となったり、AKB48の握手会やコンサートなどのイベントに参加したりする。
中央区の難波千日前、なんばグランド花月向かいのYES-NAMBAビルに『NMB48劇場』を有している。2010年12月3日に閉館したbaseよしもと(現在は5upよしもとを経てよしもと漫才劇場)を改装してできたもので、2011年1月1日の初演以来ここで定期的に公演を行っている。2009年8月から2012年3月までSDN48と共用だったAKB48劇場、オープンから2012年8月まで共用だったSKE48のSUNSHINE STUDIO(現・SKE48劇場)とは異なり、NMB48劇場は一貫してNMB48の公演専用となっている。
姉妹グループ同様、メンバーを定期的に募集しオーディションを経て採用している。2016年までに計5回のオーディションを行い、第5期生までが活動を行っている。それに加え、合同オーディションである『AKB48グループ ドラフト会議』でNMB48各チームに指名されたドラフト1 – 2期生や『ポスト山田菜々オーディション』の合格者、AKB48のオーディションで採用され移籍したメンバーも共に活動を行っている。また、チーム制を導入しており、グループ名「NMB」から1文字ずつ取った「チームN」「チームM」「チームBII(ビーツー)」の3つのチームと、チームに所属していない研究生により構成されている。2011年3月のチームN結成から原則16名のチーム制を導入していたが、2014年4月に開始した新体制からは各チームの定員が20名程度に増え、劇場公演時のみ16名出演という制度になった。メンバーは2017年10月12日時点で、チームN 17名、チームM 16名、チームBII 16名の計49名であり、そのうち2名がAKB48との兼任である。
AKB48・SKE48同様に、総合プロデューサーの秋元康が全ての楽曲の作詞を手掛けている。2011年7月20日にリリースしたシングル「絶滅黒髪少女」でよしもとアール・アンド・シー(現・よしもとミュージックエンタテインメント)のlaugh out loud! recordsレーベルからメジャー・デビュー、AKB48の姉妹グループでは初めてデビューシングルでオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得する。その後3作連続で同1位、また5thシングル「ヴァージニティー」から10thシングル「らしくない」まで6作連続1位を継続しているほか、2013年2月27日には1stアルバム『てっぺんとったんで!』をリリースしこれもオリコン週間アルバムチャートで初登場1位となった。
<活動方針>
AKB48や姉妹グループ同様、コンセプトの根幹に「会いに行けるアイドル」を据えて、恋愛禁止のルールなどを引き継いでいる。その一方で、他のグループとのイメージの差別化もみられる。例えば、吉本興業系列の事務所所属ということでコントや漫才にも力を入れており、『R-1ぐらんぷり』や『キングオブコント』への出場歴があるメンバーもいるほか、吉本新喜劇やお笑い番組などへの出演は多岐にわたる。また、1stシングル「絶滅黒髪少女」のタイトルに採用されたように当初はメンバーは黒髪とすることがルールとなっていた(AKB48やSKE48も一時期同様だった)が、現在は18歳以上のメンバーに限り黒髪のルールが解禁となっている。
<地域性>
SKE48やHKT48と同様に、地域密着を掲げていて、大阪を中心とする近畿地方でイベントやコンサートを行ったり地域イベントに参加したりするなど、地域活動に重点を置いており、メンバーも一部を除き近畿地方出身者である。
「不毛の土地を満開に…」という楽曲や、2016年公開のドキュメンタリー映画の内容にあるように、かねてから大阪は「アイドル不毛の地」と呼ばれており、構想段階から秋元康は「大阪のアイドルで当たった例しがない」といった多くの反対意見を受けた。大阪は渋ちんな人が多いとされ、購買力が弱い土地柄であるといわれている。そのような環境のなかで、NMB48は初めてブレイクしたグループともいわれる。
<AKB48や他の姉妹グループとの比較>
劇場公演のチーム制、チーム毎のキャプテン制も姉妹グループと同じである。なお、AKB48グループ大組閣祭りでの副キャプテン制導入以前に、一時期チームNでは副キャプテンのポストを置いていた。
SKE48やHKT48・NGT48と同様に、選抜総選挙、じゃんけん大会、TOKYO DOME CITY HALL公演、ユニット祭りは、全ての姉妹グループが総参加(完全な平等ではなく、じゃんけん大会におけるAKB48メンバーの優先などがある)する形で年1回行われる。一方、リクエストアワー、シングル、コンサート、握手会に関しては、AKB48名義のものの多くにNMB48やSKE48・HKT48・NGT48のメンバーが参加する一方、NMB48やSKE48・HKT48のリクエストアワー(HKT48除く)、シングル、コンサート、握手会にAKB48のメンバーが参加することはない(兼任メンバーを除く)。
毎回変動するAKB48と異なり、シングル曲の選抜人数は16人で固定されていた(9thシングルまで)。
AKB48やSKE48と異なり、1期生から全員(ただし、兼任・移籍・第1回AKB48グループドラフト会議およびポスト山田菜々オーディションによる加入を除く)が研究生所属で活動を開始する。
AKB48グループ内の兼任・移籍によって加入したメンバーを除く全員が以前はKYORAKU吉本.ホールディングス、現在は同系列のShowtitleに所属しており、2017年12月現在、他系列の芸能事務所へ移籍はグループ離脱かつ事務所退所からしばらく経過した者以外で例がない。
コントや漫才、お笑い番組への出演などに力を入れている。
YouTubeだけに公式チャンネルを有する姉妹グループと違い、ニコニコ動画、YNNにも公式チャンネルを開設している。
NMB48劇場公演チケットの最低料金は1080円で日本国内で活動するAKB48グループで最も安価に設定されている。
NMB48名義で発売されるCDの劇場盤の販売は1stシングルから14thシングルまでキャラアニ・チャンスで取り扱われていたが、15thシングルからはforTUNE musicに変更された。

(Visited 75 times, 1 visits today)